膝に水が溜まる

膝にたまった水を
抜かずに解決する方法

  • 膝が痛く、腫れている
  • 病院で「水がたまっている」と言われた
  • 水を抜いて一時的に楽になるが、すぐに水がたまり、痛みも戻る
  • なるべくもう抜きたくない
  • できれば手術や注射なども避けたい 

そんなお悩みを解決する方法や知識を書いていきます。
ぜひ参考にしてください。

※はじめに知ってほしい事

「膝に水がたまるので、心配だ」と電話などで相談を受けることも多いです。
 詳しくは後程述べますが、膝に水がたまること自体が悪いわけではありません。

自然治癒の反応膝を治そうとしている働きです。

適切な治療はすべきですが、必要以上に心配しなくて大丈夫です。

「水をためなければいけない理由」があるから
たまるのであって、その理由がなくなれば
自然と水はたまらなくなります。
 
水を抜いても、すぐにたまってしまうのは
本質的な問題が解決してないからです。

膝に水が溜まる理由とは


ではなぜ、水をためるのか?
大きく分けると2つあります。
一つは関節内の傷を治すため
もう一つは緩衝材の役割をするため。
 
ちなみにこの「水」というのは関節液という液体です。
関節は袋に包まれていて、この関節液で満たされています。
役割は、血液と似ていて

  • 酸素や栄養分を運ぶ
  • 老廃物を排出する
  • 関節を滑らかに動くようにする
  • 衝撃を吸収する

などがあります。

水をためる理由① 膝関節内の傷を治すため

膝関節内に傷がある場合、治そうとするため水をためます。
傷ができる原因は、ぶつける、ねじるなど「ケガ」をした場合。

他にも、ケガをしてなくても
関節や周りの筋肉が固い場合。
なにかの拍子に傷になることがあります。

水をためる理由 ②衝撃を吸収するため

膝関節やまわりの筋肉が固かったり
膝に負担がかかるような姿勢・身体の使い方をしていると水をためます。

膝への衝撃を減らすため
あらかじめ水をためて衝撃吸収の役割をします。

水は抜いた方が良い?クセになるって本当?


検査のために一度抜くのは良いと思います。
内部で傷になってたり、病院での治療が必要なケースもありますので。

ただし、上記のように、身体は目的があって水をためています。
抜いても、またたまります。というよりも、ためます。
本質的な原因がそのままで、ただ水だけ抜いても解決になりません。 

また、よく言われるのが
「水を抜くとクセになる」については
ある意味本当です。(正確な言い回しではありませんが)

クセになるというより
そもそも体を治すため、守るために水をためています。

それを抜いてしまったのでは
「あれ、これじゃいかんぞ。追加しなくては!膝が壊れてしまう」
と再び溜めますから。

別の例で言えば、熱が出るのもそうです。
むやみに解熱剤を使わない、熱は下げない方が良い
など聞いたことがあるかと思います。

なぜなら、熱を出すことで白血球などの働きを強め
侵入したウィルス弱めるなどの目的があるから。

あらゆる症状はこのように、ちゃんと意味も目的もあります。
痛みだけ、症状だけ取り去ることはできないし
(薬で強引にいっとき抑えることはできても)危険ですらあります。

なので、話を戻しますと
膝関節や筋肉が正常な状態になれば、自然に溜めなくなるし
そうでなければいくら水を抜いても、また溜める、ということなのです。

それぞれの対処

ではどうしたら、水がたまらないで済むのか。

ケガをした場合

損傷が治ればそれに伴い、多くの場合は水もたまらなくなります。
この場合は整形外科等の分野ですので、必ず病院へ行き
適切な処置をしてください。

ケガは治ったけど水がたまる場合

一度ケガをすると、治っても、元通りにはならないことがあります。

関節がズレたまま固まったり
周囲の筋肉が固くなったりする
からです。

少しずつ動かしたり、ストレッチをしたりで改善していきますが
専門家の指導のもと
行うのが良いでしょう。

自分で行うのも良いのですが、やり過ぎたりして
却って悪化させることもあります。
その点は注意ですね。

特にケガはしていない・したことがない場合 

考えれらる原因として

  • 膝関節や、まわりの筋肉が固まっている
  • 股関節や腰などが固いため、それをかばって膝に負担
  • 膝に負担がかかる姿勢、身体の使い方をしている

膝関節や周囲の筋肉をゆるめ、姿勢などの生活習慣を
改める必要があります。

ケガではない・あるいは治ったけど水が溜まる時の解決法

  • 膝の曲げる、伸ばすができるようになる
  • ズレやねじれを整える

簡単に言えばこの2つが整えば大丈夫です。

逆に、曲げる、伸ばすといった動きができないのに
他のことをしてもあまり効果はありません。

病院へ行ったり、マッサージをしたりしても変わらないのは
こういった一番大事なことが何も変わってないからです。

まとめ

当院に来られる方も、痛みを伴って水が溜まっていたり
腫れていたりするケースが多いです。

膝関節や筋肉が「解剖学的に正しい」状態になれば
自ずと引いていきます。痛みも水もですね。

ケガや損傷があれば病院でのケア。
そうでなければ、整体やトレーナーなども活用して
関節や筋肉を整えればいいのです。

水が溜まるのも、痛みも、目的や理由があり体が自ら起こしていること。
もっと言えば体を守り、治すための反応です。

もちろん当院の施術は
膝に水が溜まること、痛みの改善に有効ですので
「膝の痛み」ページもご覧ください。
膝の痛み改善の無料レポートもダウンロードできます。

膝の痛みページはこちらから