中野で評判の、あなたの身体の悩みを解決する整体院です。

中野ゆるゆる整体院


寝違えの正体とは?

こんにちは、小池です。

最近は初めて来院される方で
「寝違い」のような症状の方が多くなってます。
夜、急に痛みが出て目が覚めてしまったり、
朝起きてから痛くて首、肩が動かせない・・・

そういう症状の方が大変多いです。

気候の影響など、疲れが出る要因は色々ありますが、
知識として知っておいて欲しいことがあります。

知っておくだけでもこれから先、予防できますし、
万が一痛みが出ても、それほど心配しなくて済みます。

おかしな処置をしてしまうと、
却って回復まで長引かせてしまったり、
とりあえず痛みは取れてもいつ再発するかわからない
状態になります。

爆弾を抱えているようなものです。

なので、特に過去そういう経験がある方は特に
覚えておいてください。

なぜ、寝違いがおこって痛くなるのか

多くの人が勘違いしていることに、
「たまたまその時の寝相が悪かった」
ということがあります。

よほど窮屈なところ・・・
例えばミカン箱に無理矢理体を丸めて入って
寝たのなら、それもあるでしょう。
動こうにも動けませんから。

あるいはイスなどで、不自然な体勢で寝てしまった。
これもありえます。

しかし、多くの方はいつも通り普通に
布団やベッドで寝たにも関わらず、
寝違いで痛みが出ています。

普段の疲れがたまってたり、ストレスがあったりすると、
寝ている時でも力が抜けず、筋肉は固くなったままだからです。
起きている時より動かないですから、余計に固くなります。

(参考までにですが、「歯ぎしり」は寝ている時にしますが、
これ、起きている時にしようとしてもできないものです。
つまり・・・寝ている時は、実はそれだけ変に力が入ることが
大いにある、ということです)

固くなった筋肉は、限界を超えると「ビリッ」と切れてしまいます。

また、切れた箇所を治そうと、体は「炎症」を起こします。
その炎症も、やはり痛みが生じます。

これが「寝違え」の正体です。

この痛み自体は、辛いでしょうが、
体を良い状態にするのに必要なことなので、
心配は入りません。
ずっと続くこともありません。

2日位は炎症のためもあり
痛みが強くでることもありますが、
その後は徐々に落ち着いてきます。

ただし・・・
「寝違い」がおこるということは、
それだけ疲れが蓄積していたり、
ストレスが溜まったりしています。

そう、根本的な原因は「その時の寝方」でなく、
蓄積した疲労やストレスなのです。


だから例え痛みが取れたからと言って、
それで万々歳!ではありません。
いつ再発してもおかしくないからです。

何でもそうですが、
ズバリ、これだけやれば寝違いは防げる!
というのではなく、トータルでケアすることが
絶対条件です。

肉体面、精神面、感情面。
この3つがカギを握ります。
(効果的なセルフケアや休憩の取り方などは、
また別の機会に書いていきますね。)

なかなか自分で運動などできない方は、
やはり信頼できる整体師やトレーナーを
見つけ、時々見てもらうと良いでしょう。

次回は、これも是非知っておいて
欲しいのですが、
「痛みと疲労の不思議な関係」
について書きます。

今回の内容とも関係しますが、
痛みがない=健康だ!
・・・ではないのです。

より本質的に、長く元気に何でもできる
コンディションのためには必ず覚えて
欲しい内容です。
では!

小池





更新

<< 前の記事 次の記事 >>

中野ゆるゆる整体院のご案内

住      所:
〒164-0001 東京都中野区中野3-34-18 リュミエール402
アクセス:
JR中央線中野駅徒歩3分
お問い合わせ・ご予約
03-6304-8782
受付時間:
【平日】10:00〜20:00
【土・日・祝】10:00〜16:00
定休日:
火曜

より大きな地図で 中野ゆるゆる整体院 を表示

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ